みんゴルアプリ攻略速報 | スマホでみんごる!
みんゴルアプリ攻略速報 | スマホでみんごる!


ライ(接地面)に傾きがある場合の打ち方まとめです!パター(パット)時のコツも掲載!どれくらい横にずらせばいいのか知りたい人必見!

傾斜がある場合の打ち方

傾斜が右肩上がりだと左に飛ぶ

また、傾斜が強いほど、さらに左に飛んでしまいます。ズレを計算して着地点を決めましょう。

傾斜が右肩下がりだと右に飛ぶ

右肩上がりの時と同様、傾斜が強ければさらに右にズレてしまいます。

コツ:落としたい場所よりやや横を狙おう!

傾き ショットへの影響 対処法
右肩上がりに傾いている ショットが左に飛ぶ 落としたい場所より、やや右を狙う
右肩下がりに傾いている ショットが右に飛ぶ 落としたい場所より、やや左を狙う

ゴルフにおいて、傾斜の把握はかなり重要です。

どちらに傾いているかを常に気にしながら、どの方向に飛ばすかを決めましょう。

接地面が傾いている場合、打ち出しのズレを考え、想定している落下地点よりやや横を狙いましょう。

パット時に傾斜がある場合の打ち方

右肩上がりに横傾斜していると左カーブ

傾斜が大きいほど、大きなカーブを描きます。さらに、傾斜で曲がるので想定していた距離より短くなります。

傾斜が大きいほど、強めのパワーで打ちましょう。

右肩下がりに横傾斜していると右カーブ

右肩下がりの傾斜でも同様です。

傾斜が大きいほど、大きなカーブとなり、強めのパワーが必要となります。

縦傾斜(高低差)はパワーに関係する

横傾斜に加え、縦傾斜(高低差)がある場合、パワーを考えましょう。

自分より高い位置にある場合、強めのパワーで打ちましょう。低い地にある場合、弱めのパワーで打ちましょう。

コツ:横傾斜・縦傾斜を考えよう!

傾き パターへの影響 対処法
右肩上がりに傾いている 左側に曲がる カップより右側を狙う
また、傾斜が強いほど強めのパワーで打つ
右肩下がりに傾いている 右側に曲がる カップより左側を狙う
また、傾斜が強いほど強めのパワーで打つ
自分より高い位置にカップがある パワー強めでうつ
自分より低い位置にカップがある パワーやや強めでうつ

注意すべきは、「どちらに傾いているか」「どれくらい傾斜しているか」です。それに合わせて、狙う場所と、パワーを決めましょう。

例えば、大きい右肩下がりの接地面で、自分より高い位置にカップがある場合、かなり強めのパワーでカップより左側を狙う必要があります。

基本的な打ち方をおさらいしよう

基本を復習し、もっと正確なショットを打とう

ジャストインパクトの打ち方や、パワーショットの使い時、風の読み方など、基本的な打ち方の知識を紹介しています。

特にパットについて知りたい人は、右下のリンクをタップしてください。

カテゴリ :

コメントする

攻略記事